死に損ないの公務員が送る創意工夫生活

意外と少ない現役の役人ぶろぐです。

手帳は3年後に夢を叶えてくれる。

今週のお題「わたしの手帳術」


使い方が間違っているかもしれないが、未来に向けて願望を書いている。


例えば、資格試験の勉強をたくさんしなくてはいけない時期であれば、1日3時間とか書いてみる。

もちろん、実現することは極めて稀なんだけど、30分ぐらいはしたりする。

手帳には、当然のように1発合格みたいなことが書かれているんだけど、当然合格はしない。

でも、毎日30分はするので数年後には受かっていたりする。


手帳に書くことには、タイムラグが発生すると思うんだよね。














さっき今年中に億万長者になると書いておいたぜ!