アラサー公務員の幸せな決断

基本は逆張り。天才的な発明をしたいです。

無様にもまた英検2級を受けた。

いやー…強い。英検2級強い。

さて、また今回も性懲りもなく英検2級を受けてきました。

今日の流れ。

スマホで出た経路どおりにバスに乗り込む→電車→バスという経路でなんやかんやで一時間以上かけて山にある大学まで運ばれました。


毎回思うんだけど、なんで会場は僻地にしかないのだろうか。


教室には小学生から大学生くらいで、おっさんは私一人だけでした。

前回の受験はこんなことなかったのにな。若い子達からは物珍しそうに見られていたかもしれません。

試験についてはなんとか最後まで取り組むことができました。



さて、前回の結果を振り返ってみると

リーディングは平均合格点越え
ライティングは5割
リスニングは3割ということで

無事不合格だったと思います。
前回の結果踏まえ、私が今回の受験まで対策したことはリーディングの勉強を捨てて、リスニングとライティングに時間をかけて取り組むというものでした。

その結果、今回は感覚の話になりますが


リーディング5割
ライティング7割
リスニング4割

という体感でした。

リーディングについては、なんとかなるだろうと思っていたのですが、全くどうにもならずに驚きました。前回高得点だったのは、おそらくですがライティングを捨ててその時間をリーディングに充てていたからだと思います。

だとすれば、まだまだリーディングは伸ばせたのかなと思います。次回に向けての勉強はもう一度リーディングの勉強を取り組みたいと思います。特に読むスピードを上げるところに力を入れていきたいです。

ライティングについては、7割はいったんじゃないかと思います。作戦勝ちでした。参考書の模範解答を丸暗記した内容をベースに与えられた問題に合うように修正していくという方法をとりました。
ライティングについてはこの模範解答丸暗記法はかなり有効だと思いました。今後受験した際も安定的に7割いけそうな気がします。模範解答の丸暗記が複数できればもっと詰められるんじゃないかと思いました。


リスニングは前回よりも改善された気がしますが、よくて4割くらいなんじゃないかと。
あまり伸びていませんが、問題部分だけ以前より聞き取れるようになっていました。
このまま継続すれば、会話文もはっきり聞こえるのかもしれません。意外と一番時間がかかるのがリスニングな気がしています。

今回も受からないだろうなと思いつつ試験に臨みましたが、今の実力は出せたかと思います。心地良い疲労感があります。

次でもちろん合格したいのですが、だめでも成績が上がっていたらそれで良しとしよう思いました。A Southville Street