アラサー公務員の幸せな決断

基本は逆張り。天才的な発明をしたいです。

ハーゲンダッツには勝らない



イチオシはハーゲンダッツだ。以上だ!


これで終わってしまうのも寂しいので、


健気だった小学生の思い出を書く。


当時のおれはミルクアイスキャンデーにはまっていた。

その日も冷凍庫を開けてミルクアイスキャンデーを食べようとしたのだが、既に一本もなくなっていた。


しかし、足りない脳みそは牛乳を凍らせればアイスミルクキャンデーができるじゃん!となり

型に牛乳を流し込み、そして時を超えた。
あの懐かしい夏の日のように。


なんかだんだん意味わからなくなるので、とり凍った牛乳を食べた。


自作のアイスミルクキャンデーは色んな意味で甘くなかったのだ。



今思えば、砂糖があればかなり本家に近づけたのかと。