死に損ないの公務員が送る創意工夫生活

意外と少ない現役の役人ぶろぐです。

近所にドミノ・ピザがある

今週のお題「ピザ」

近所にドミノ・ピザがある。

でも店に入ったことはない。

もう最後に食べたのは5年くらい前のことかなー。

持ち帰りだと半額らしい。とても食べたいドミノ・ピザ

それでもドミノ・ピザを利用しないのは、ドミノ・ピザの近所にスーパーがあるから。

スーパーの自社ブランドのピザは一枚600円くらい。

ドミノ・ピザより安い。


しかし、これはそのまま買わない。

じっと閉店間際まで耐え続け、半額シールが付いたら買いに入る。

それなら300円。たまんないよね?


しかし、これだけではない。

ピザは奥が深いのだ。

スーパーの冷凍食品コーナーに行くとピザが200円。

大きさだってドミノ・ピザに負けない。最近金欠で冷凍食品派になりそう。

ピザの価格帯ってすごく広い。この国生まれて良かった。

日本て素晴らしいよね。って話。

ピザ

鍋の素について思うこと

今週のお題「鍋」


鍋が好きで毎日やっている。 


毎日やると当然鍋の素にお金がかかる。

だからできるだけ安い店で大量購入したい。

スーパーやドラッグストア等の店を複数回って見えてくることは、鍋の素は同じ商品であっても店によって全然違ってくるということだ。
 
例えば定価が300円だとしても店によっては180円とかある。


マジでこの違いはなんなんだ。鍋よくやる人ならわかると思うけど、大量購入するとこの価格差がお財布事情に滅茶苦茶に効いてくる。


かつて鍋弱者だった過去の自分に伝えたい。もう少し探せ!鍋できる回数が増えるぞ!


都市部の緑

遠い過去をうつす鏡 みどり 光る
幸せな人生には、良好な人間関係が大切らしい。

多様な人たちに出会えるのは、田舎より都市部な気がする。

それから、人間は緑に触れているとストレスが減らせるらしい。

それを考えると、都市部の緑道に通うのはけっこう人生にとって良い影響を与えそう。


そう思って今日は行ったことのない緑道にいってきました。


どうせならポケゴーもやるかと起動しましたが、全然緑に集中できません。というか緑を楽しめない。


というか子供の頃に緑を楽しむなんて概念はなかったけど、年をとると感じかたも変わるもんだなあ

go to eatに参戦する。

go to トラベルは全然予定が合わなくて使えていない。


慣れないぐるなびを使ってようやく予約までいけた。

さて、世間ではお得なキャンペーンという認識があるのかもしれませんが、実際のところどうなのか、と。

これは検証してみる必要がありそうです。

予約で条件を絞るときに一人で行けるところを条件に入れたのですが、全体と比較するとやはり少ない印象です。


やはりお店としてはたくさん来てほしいところなのかも。まあ密じゃないってメリットもあるのでそこはご容赦くださいと言ったところですかね。f:id:ggrks11me115:20201010233633p:plain

健康でいることは節約になる。

今週のお題「運動不足」

毎日プランクという姿勢を3分続けています。

不思議なもので、たった3分であっても一年続けたところ、体重も体型も変わっていきました。

健康になったかと言われれば実感はありませんが、続けてきたからこそ回避できたこともあるのかもしれません。

健康でいることは余計な支出を減らせるのではないかと思います。

自分達が思っている以上に健康は多くのよい影響に寄与しているのかもしれません。Flandre Scarlet

甘いもので自殺防止

女優の竹内さんのニュースにびっくり。

悲しい。

コロナ直後よりその後の方が自殺が多くなるとなにかで読んだことを思い出した。

コロナは関係ないのかもしれないけど、芸能人の自殺って最近目立つ気がしている。

ストレスの多い世界なのかも。

キラキラした世界を想像してしまうものだが、違うのかもしれないね。

ストレス軽減策として、あまいものは個人的にけっこうおすすめ。ミルキーパンにはまっている。


食べ過ぎると太るから、よく噛んで味わうのがポイント。

みんな無理しないでほしい。


死にそうでも死なないことが大切。

今週のお題「好きなおやつ」

理想の老後

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

最近おばあちゃんが死んだ。

もうずっと意識はなくて、最後に会ったのは7、8年前かな。


そんなんでも、おばあちゃんが苦手とかではない。むしろ、感謝している。


おばあちゃんは幸せだったろうか。


それはおばあちゃんしかわからない。

でも意識なかったからおばあちゃんもわからない。

おばあちゃんは身内に囲まれ、よく長生きしたねと言われていたから幸せだったかもしれない。

人生は長いし短いと思う。これは、そこそこ生きてきた人なら共感してくれるのではないかと思う。


おばあちゃんの時代に比べて科学技術が発展して一見暮らしやすくなったように感じるが、それでもまだ、生きづらさを感じている人もたくさんいる。


自分がおじいさんになったとき、生きやすい世界になっているといいな。誰か、頼む!(自分ではやらない)