死に損ないの公務員が送る創意工夫生活

意外と少ない現役の役人ぶろぐです。

佃製作所から学ぶチームワーク

最近TBSのアプリで陸王を観ています。


無料でおもしろいドラマがみられるのは素晴らしいですね。

ドラマの内容はざっくり言うと、職場のみんなで力を合わせて新商品を大ヒットさせる話です。

自分の仕事に照らし合わせてみると、現実はあまりチームワークが活きてない気がしており、ついつい職場の同僚ともっと一丸となれれば、より大きな社会貢献ができるかもしれないのにと思ってしまいます。

そんな中、発見したことがあります。

それは、
職場にいる人は
①振られた仕事だけやる人
②課題まで発見できるが、実行しない(できない)人
③課題を発見して、解決に向かう人

に分けられるのではないかということです。
似たようなわけかたは最近何かで見たような気がするのですが、私自身も働く姿勢はこのようにいくつかに分類できると思います。

それで、ある会議で②の人が多くいることがわかりました。結局②が多いのは、②のひとたちが一人で課題を解決することを考えていて、それが困難であることから②が多くいる状態になってしまったようです。


僕も思いました。

もっとチームワークを発揮すれば多くの②のひとたちが③のひとたちになるのではないかと。そうすればより社会に貢献できるのではないかと。


なんだか疲れてきたのでそろそろ結論ですが、陸王は素晴らしい作品です。

みているだけで、私も登場人物たちと同じような気持ちが込み上げました。


ただ純粋に
日本の農業を救いたい、と。





無人農業トラクター、やってみたいと思います。

LINE WORKS×はてなブログ特別お題キャンペーン #チームワーク

LINE WORKS×はてなブログ特別お題キャンペーン「#チームワーク」を語ろう!
sponsored by LINE WORKS