死に損ないの公務員が送る創意工夫生活

意外と少ない現役の役人ぶろぐです。

インターネットという言葉

はてなインターネット文学賞「わたしとインターネット」



今の赤ちゃんが小学生になったら、多分「インターネット」って言葉は使わない。


YouTubeは見るし、興味のあることはググるのでしょう。

でもきっとそこにはインターネットを使っているという意識はないと思う。


きっと呼吸をするぐらい当たり前のこと。

意識しないと呼吸を止めないくらい、インターネットは見えないけどある存在だよね。

そしてできることが大きくなりすぎて、
どんな意味かも曖昧になっていき、
いつか使われなくなっていくんじゃないかと思うわけなんです。

3. Hmmm.. thinking of  what to reply to him..